内膜チェック〜凍結胚移植移日決定とまさかの風邪
スポンサーリンク

エストラーナテープの貼り忘れとプレマリンの飲み間違えから始まった、初めての凍結胚移植。

出だしからつまずいてしまった事によりかなり落ち込んでいましたが、またしても事件は起きました。

スポンサーリンク

風邪をひいてしまい自暴自棄に、移植延期⁈

生理から5日目頃から喉に違和感を感じ嫌な予感がしてたのですが、徐々に喉に広がる喉の激痛。
もう、放心状態です。。
前回は移植後に風邪をひいて辛い思いをしていたので気をつけていたのですが、、
万全な状態で移植に挑みたいと思っても全部悪い方に進んでいってます、、、
もう悔しくて悔しくて、、、

こんなに上手く事が進まないって事は移植をしない方がいいってお告げなのかなと思ってる。悪化していく風邪にムカついて、こんな状態なら絶対妊娠なんてできないよ!もう移植やめる!!などなど旦那に当たり散らしましたが、笑
やっぱり一刻も早く赤ちゃんに会いたい気持ちが大きいので、風邪を早く治す事を第一に体調を整え移植に挑む事を思い直しました。

スポンサーリンク

生理10日目(D10)移植前の内膜チェック

生理10日目に内膜チェックに病院へ行きました。
内膜が8ミリ以上で移植日が決定してくるようです。
前回の流産以降、基礎体温もバラバラでその影響などで内膜が薄いままだったらどうしようと思っていましたが、結果内膜9.7ミリ!という事で無事移植日が決まります。
移植日はだいたいどの日がいいか決めれるようで、D17(金)〜D20(月)で選んでいいと言われました。

ここの病院では、土日の移植は追加で1万かかってしまうので、土日を避けるとD17かD20。
いつでもいいなら早い方がいいと、D17に決めましたが、またしてもプチ事件が起きました。

スポンサーリンク

移植決定日を担当医師じゃない日にしてしまった。

いつも信頼している先生を指名しています。移植も当然担当の先生が居る日にしたいと思っていました。

しかし家に帰ってから、移植の日は先生がお休みだという事に気づき、ものすごく後悔しました。
どの先生になるかは当時になってみないとわかりませんし、ここまで来て大事な移植日に知らない先生に任すのは不安です。

結局、凍結胚移植周期突入からここまでで悪い流れになってしまっています。

もしかしたら、不妊治療が進むにつれてどこか気が緩んでしまった結果かなと、おもいます。薬の飲み間違いも担当医師についても以前の私ならこんな事ないと思います。

これ以上悪い流れを引き寄せないように、今まで以上に気を引き締めて、移植に挑みたいと思います。


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

スポンサーリンク
おすすめの記事