精子の改善のために私が行った4つのコト(男性不妊対策)
スポンサーリンク

どうも夫です。
私の精子に元気が無かったことに気がついたのは妊活を開始してから暫く過ぎてのことでした。
その時のエピソードについては下の記事に掲載してあります。

不妊というとどうしても女性だけに原因があると思いがちですが、男性にも問題があることが増えているというのはニュースなどで何度か目にしていましたが、いざ自分がそうであると知った時にはショックでした。

最初に検査をした時はこのような状態でしたからね...

私は30代ですから運動率は57%ぐらいはほしいところですし、低くても30%ぐらいはあってほしかったですが結果は20%。
精子数なども低いですし「元気ないなぁ!」って思いました(笑)

ただ、ポジティブに考えればうちの場合は双方に弱点があったことで責任を押し付けることなく円満に妊活ができているとも言えるかもしれません。

さて、人工授精をスタートしてから5回の空振り(1回は化学流産)をしてしまった私達ですが空振りを繰り返すたびに学べることも沢山ありました。
私に関していえばやはり問題であった精子の改善ということになりますが、最初の酷い検査結果からどのように向上していったのか?ということを同じ悩みを持つ同士に少しでも役に立てばと思い今回まとめてみることにしました。

スポンサーリンク

禁煙で精子の運動率などが上昇

私は喫煙歴が20年近くありました。
iQOSに変えて2年ほどという感じだったのですが、iQOSも当然タバコです。
先程の精子検査をする数日前に新しいiQOSを購入したのですが、この結果を受けて泣く泣くiQOSを友人にプレゼントすることにしてタバコを自分から遠ざけました。

「病院でも喫煙していたぐらいの時期に日本はベビーラッシュだったから喫煙は関係ないのでは?」と思っていたのですが、約1ヶ月間の禁煙をしただけで精子が大きく改善されていて驚きました。

もちろんヘビースモーカーの子沢山という人も沢山いますが、精子に問題があると診断された人で喫煙をしている人はそれがiQOSであっても頑張って1ヶ月禁煙をしてそして精子検査を行ってみてください。

また、タバコの臭いというのは禁煙をするとわかりますがかなり体に残るものです。
そんな状態で不妊治療の病院に行くのは他の患者さんにも迷惑がかかってしまいますからね...

スポンサーリンク

トイレにちゃんと行く!おしっこをする!

私は尿意が来ることがとても少ないのですが、これは良いことだと思っていました。
というのもお酒の席などでも6時間飲んでも1回ぐらいしかトイレに行かないので楽ですし、長い時間の移動などをしてもトイレで困ることがなかったからです。

しかしデスクワークの仕事をしていてトイレに行くことがなくしかも禁煙しているのでタバコを吸いに動くことがないとずっと同じ体勢で座っていることになります。

そんな話を病院でしてみると「無理にでもトイレに行っておしっこをしたほうがいい」とアドバイスを受けましたので、3時間に1度ぐらいは必ずトイレに行くようにしました。
これが必ず効果があったとは断言できませんが同じ様な人がおられるならぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

睾丸を温めないようにした

睾丸というのは温めると精子の生産量が減少するということを聞きました。
私はコタツが好きですし、お風呂で長湯をすることは幼い頃からの趣味のようなものでしたので、1時間2時間とお風呂に浸かってリラックスをすることが当たり前だったのですが、これも泣く泣くですが5分程度の入浴かシャワーだけにするようになりました。

何となく体を温めると免疫が上がって良い効果が生まれると思っていたのですが、まさか温めるとマイナス効果になるなんて・・・とショックでした。

対策方法は・・・ありません。もちろん睾丸だけ湯に入れずに全身を浸かることはできませんので(苦笑)
「子供ができたら長湯をするぞ!」と決意して我慢することにしました。

運動をして体を元気にして精子も活発に!

自分自身が運動をしていないのに精子にだけ運動率を求めるのはおかしいだろう!ということでジム通いをするようになりました。
ウエイトトレーニングと有酸素運動を7:3ぐらいで行うようになったのですが、精子への影響以前に体が元気になりましたので前向きになれるという効果が大きかったです。

ベンチプレスも100キロまで上がるようになりましたし、精子の運動率も一度上昇してからはそこをキープしていましたので断言できないにしてもトータル的に見てマイナスになることがない対策方法になっていると思います。


不妊治療は夫婦の共同作業ですし、負担が大きいのは女性側です。
それなら少しでも男性側が頑張らないといけないですし、それが奥様のモチベーションにも繋がっていくと思います。


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

スポンサーリンク
おすすめの記事