不妊治療の病院を変更することになりました
スポンサーリンク

不妊治療で有名な病院に通っていましたが、このたび病院を変えることになりました。
今の病院も良いところが沢山あるのですが、実は不満に思うことも少なくありませんでした。
今回はなぜ病院を変えようと思ったのか?ということに関して書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

私達が不妊治療の病院を変えた理由

結果が出ていないから、ということは病院の責任ではないと思いますので理由ではありません。
まず大きな理由としては異常なまでの待ち時間の長さです。
先生を指定しなくても朝9時に行って12時を過ぎて呼ばれるということなど当たり前にありました。

あまりに人気の病院なので仕方がないのですが、これは体力的にも精神的にもかなりネックになりますし、ストレスは妊活の天敵だと思いますのでこれを避けたいと思ったからです。

一応予約制度はあるのですが、無限に予約が入る病院でしたので・・・

スポンサーリンク

不妊治療の中で先生が丁寧な対応とは言えなかった

人が多く流れ作業になるというか、患者が沢山待っているので1人1人の患者への対応が良くない日も少なくありませんでした。
また先生が毎回変わってしまうので前回の話と今回の話が繋がらないことが多く「次回こういうことをしますよ」という話をしていたことが実際には無いなどもありました。

また以前に書いた子宮外妊娠の恐れがあったときも後から「血液検査をすればすぐわかったのに」というようなことを言われるなど、要する患者が知識をつけて先生に提案をしたことしかやってくれないという状況が続いたわけですからこれは問題点だと感じました。

中には親身な先生もいましたがそういう先生を指定して予約をすると3時間以上の待ち時間は当たり前の状態でしたから。

その後に新しい病院に行ったのですが素晴らしい対応でしたのでまたモチベーションが上がりましたが、その話は次回書きたいと思います!


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

スポンサーリンク
おすすめの記事